ウィンキーごあんない

ウィンキーでは、Geeklog(CMS)やispCP&EasySCP(オールインサーバーコントロールパネル) に特化したオープンソース開発サービス・サポート

サーバー管理、運営サポートを承ります。

nginx+php-fpm(ISPConfig3)でExpiresとDeflateを有効にする方法

投稿者: 閲覧数4,086 記事を友人にメールする 印刷用ページ

nginx+php-fpm環境(ISPConfig3利用)でのキャッシュ有効期限(Expires)の設定とgzip圧縮転送(Deflate)の設定はデフォルトでは有効になっていません。
これらを有効にする方法は簡単です。

バージョン情報

nginx 1.1.19
php5-fpm 5.3.10
ISPConfig 3.0.5.3

Ubunt13.10へクラウドのOpenStack (havana)をNIC2枚のサーバーへインストール

投稿者: 閲覧数10,322 記事を友人にメールする 印刷用ページ

クラウドというとまずAmazonWebService(AWS)をまず思い浮かべます。私も現在利用しています。
これを自前のサーバーで構築するためのオープンソースのクラウドがいくつかありますが、OpenStackはそのうちの1つです。

現在は2013/10/17リリースのHavana(約400の新機能)が最新となっています。
OpenStackは6ヶ月ごとのリリースサイクルをとっているので次は2014/04の予定

OpenStackのWeb管理画面はAWSに似てるのでAWS利用者には分かり易く取っ付きやすくなってます。

しかし、私がテストした環境では複数のVMを起動し外部との通信もでき、ロードバランサでhttpを振り分けるといったような動作をできるところまで構築するには至りませんでした。
主にネットワーク周りの自動構築が不完全なようで、まだまだ発展途上で敷居が高いように感じます。

ロードバランサを使わないで良い環境なら、高機能なネットワーク機能のneutronを使わないで、単純なネットワーク機能のnova-networkを使う方法なら複数のVMを起動し外部との通信も問題なく動作しました。この記事ではこの方法を解説します。

テスト環境は1台のサーバーへオールインワンで構築します。NICは2枚のっています。管理サーバーとなるためここではマネージメントサーバーと呼びます。

ManagedServer(マネージドサーバー)マシンのHWスペック

HP ProLiant DL380 G5 (発売時期:2010/09)
CPU XEON L5420 2.5GHz * 2 (2P/8C)
MEMORY 16GB (2GB*8)
HDD 146GB(SAS72*2 RAID0)
NIC gigabit*2 (NetXtreme II BCM5708)
消費電力 280w/待機時22w (ワットチェッカーにて計測)
Geeklog

ISPConfig3(nginx+php-fpm)でGeeklogのURLリライトを有効(On)にして使う方法

投稿者: 閲覧数6,277 記事を友人にメールする 印刷用ページ

nginx+php-fpm環境(ISPConfig3利用)では、GeeklogのURLリライトをONにする(コンフィギュレーション>サイト>URLリライトを「はい」)と、記事などのURLが http://[domain]/article.php/welcome のようなURLになりますが、この記事をクリックしてアクセスしようとすると「404 Not Found」エラーになります。

URLリライトの設定を「いいえ」に戻せばまた記事にアクセスできます。

Apache2+fcgidで動いてた既存サイトをnginx+php-fpm環境へ移行した際にこの現象がでて焦りました

調べてみると、nginxではApacheのAcceptPathInfoによる$_SERVER['PATH_INFO']が作成されないようなので自分でPATH_INFOを作って設定してやる必要があるようです。

Geeklog

nginx+php-fpmでGeeklogを動かす方法

投稿者: 閲覧数15,133 記事を友人にメールする 印刷用ページ

この文章はapache2+fcgidの環境で動いているGeeklog1.7のサイトをnginx+php-fpmの環境へ移行した際の調査を元に記事を書いてます。

最新のGeeklog2.0では違うかもしれません。

バージョン

nginx 1.1.19
php5-fpm 5.3.10
Geeklog 1.7.1sr1

※nginx[えんじんえっくす]と読むようです。

セッショントークンが毎回切れて保存できない

コンフィギュレーションの保存や記事の作成などなにか保存をする作業において毎回セッションが切れてますと出てログインIDとパスワードの入力を求められ、正しく入力しても内容が保存されていない問題が発生しました。

おしらせ

レスポンシブWEBデザインのテーマ「winkey12」でサイトをリニューアル!

投稿者: 閲覧数3,809 記事を友人にメールする 印刷用ページ

WinKeyサイトをGeeklog2.0へアップグレード

当ホームページを最新のGeeklog2.0へアップグレードしました。
昔のファイルが残るとセキュリティ的に危ないので、上書きせず「移行」機能でアップグレードしました。
まずは前準備として、Dbmanでデータベース情報のバックアップを作成して、次に既存サイトのファイルをバックアップ。これで何かあっても元に戻せるので安心です。
ここから本番です。非公開領域(private)と公開領域(htdocs)以下を全て削除して、Geeklog2.0のファイルをアップロード。バックアップしたデータベース情報をprivate/backupsへ入れれば、あとはブラウザでアクセスしてインストールスクリプトから「移行」でアップグレード完了です。
その後ログインして各種コンフィギュレーションの確認や、ブロック、プラグインなどの微調整をしてアップグレードは無事終了。

オリジナルのレスポンシブWEBデザインテーマを作成

アップグレードのタイミングで、テーマを 「レスポンシブWEBデザイン」、「HTML5+CSS3」 の勉強のためオリジナルで作成。テーマ名は「winkey12」とつけました。

ページ表示速度も重要になってきているので、たくさんあるcssファイルを1つにまとめて出力する機能や、JavaScriptファイルの読み込みを少なくしています。
その他にも下記のような機能があります。

テーマの注目点

  • レスポンシブWEBデザイン
  • 複数あるcssファイルをまとめて1ファイルとして読み込む
  • HTML5&CSS3でコーディング
  • アウトライン(文書構造)にも注意してコーディング
最初 | 前へ | 1 2 | 次へ | 最後